僕はアーティストとして生きたい

うすうす気づいていたことでもあり、根源的な願いだったのかもしれない。 特定の表現方法や才能みたいなものがこれまでの僕にはあったわけではないけれど、アーティストとして生きたい。それで生きていきたいという願いがある。それに気づいたし、それを今認…

稽古から気持ちが離れていった日々

気持ちが離れていった時がある。 2020年の10月に開催された合宿の後だったと思う。この会における役割を終えてしまったような感覚になった。色々と思い当たる節がある。 2019年から取り組んできた外部向けのイベントを手伝ってきたのだが、今回の合宿では運…

出会いと新たな名前

初めてA先生と会ったのは、2018年7月の瞑想会だった。 その年の6月1日に知人のSFさんからお誘いのメールがあった。以前からA先生の武道や会に誘ってくれていて、僕がFacebookに「何か武道をやりたい」と書いたところ、 A先生とその団体について紹介をしてく…

インターステラーとルン・ル

週末と昨日、インター・ステラーという宇宙映画を観て、ルン・ルという速読術の書籍を読んだ。 インター・ステラーを観て、もっと瞑想を深めたいと思った。 それは、未来の自分が死ぬ寸前に、過去の自分にメッセージを送っている可能性があって、それに気づ…

続いた不調から戻ってきた

4月は絶不調の日々がずいぶん続いた。特に20日付近から変な感じがしていた。 「頭でうまく考えられない」という時間が数週間は続き、アイデアというか頭の中で次のページが見えてこない感覚だった。身体もおかしい。下半身がやたら冷たく、下腹部にも違和感…

続・生きている価値について悩むのやめた

生きる価値について悩んでいると、 「そんなこと悩んでも意味ないよ」、「そんなに考えても無駄無駄」、「辛気臭いなぁ」「真面目すぎるなぁ」なんて声をかけ慰めてくれる人が結構いる。 でも、僕はそうは思わない。 この答えにたどり着くまでは苦しかったし…

生きている価値について悩むのやめた

「生きているだけで価値がある」という言葉は、よく聞くし、自分でも「そうだ!、そうだ!」と賛同していました。 誰しもが仕事してなくても、学校行かなくても、金を稼がなくても、何かを達成できなくても、何か特殊な技能を持っていなくても、存在している…

解体作業が起きている

ここ数年は学びほぐし(Unlearn)が本格的に起こっている。 新しいことを付け加えていくように学ぶというよりもこれまで前提としてきたことを解体して理解するという作業だ。 身体のことでいえば、 「筋力・フィットネストレーニングの世界」から「思想・体…

変な夢を見た

今日、変な夢を見た。本のページ文字ではなく、一枚の絵のように記憶されていて、それがペラペラとめくられていく。書かれている文字を理解しているとかではなく、そのページを画像として記憶しているような感じ。絵として、存在として情報を受け取っている…

答えはずっと奥の方

やっとわかった気がする。内なる自分(inner self)って言葉、まじわかりづらかった。本当の自分とか、あるがままの自分とかも、実はよくわからない。外と内の関係性で、内側に聞いても。内のさらに内に聞いてもさ。全然わかりませんよ。内なる自分とは、別…

俺は起業家にはなれない

「世界をこうしたい」 「このサービスを使って世の中がこうなればいい」 そういうことを言っている人たちに憧れがあった。正直かっこいい。 彼らは原体験を掘り下げてそこから出てくるアイデアをサービス化したり、好きって感覚をプロダクト化したり、そうや…

声のSNSと水星の逆行

2021年2月19日 一年に約三回程、天体的に水星の逆行が起きると言われている。 今年の始めの水星の逆行は1月31日から2月21日まで。 水星は、コミュニケーションや知性などを司るようで、逆行の時期は、通信系のトラブル、コミュニケーションのずれなどが起き…

日記でさえも

日記でさえも本音を書き綴れていないと感じているのにも関わらずブログを始めてみる。 今回、ブログを始めるにあたり、以前からブログを書き続けている知人のサイトを覗き見してみた。 しばらくぶりに見てみたら、ブログや日記どころじゃなく、詩を書き、作…