続・生きている価値について悩むのやめた

生きる価値について悩んでいると、

「そんなこと悩んでも意味ないよ」、「そんなに考えても無駄無駄」、「辛気臭いなぁ」「真面目すぎるなぁ」なんて声をかけ慰めてくれる人が結構いる。

 

でも、僕はそうは思わない。

 

この答えにたどり着くまでは苦しかったし、時間を費やした。
生きている価値をどうにかあることを証明したかった。
精神世界的にも、生物学的にも、存在論的にも...考えてみた。
それでも、そこからの答えは、心のどこかで疑いうることだったんだと思う。

 

だから、疑いうること考えることは決して無駄じゃないし、
そのおかげで自分の価値観に向き合ったり、
自分をマネジメントする術を学ぶことができた。

 

生きている意味や価値を考えることやそれを悩むことは決して無駄じゃない。
そうしてきたことは肯定していい。

 

でも、もう悩まなくていい。
このブログをここまで見ただけで、この管理者のためになっているし、電気代、パソコンスマホ本体に、通信代、それらを供給する人たちのためになっている。

君や僕という存在のために、勝手に回っていてくれている。
経済がそうやって生きる価値があることを証明してくれる。

 

だから、生きる価値があるか、ないかで言えば、ある。

 

水道ひねっただけで、大腕振っていい。

 

「そんなの当たり前のことだろ?」と思うかもしれない。
でも、その当たり前がすごいことになっている。


そう思う人は、それを供給してくれている人に日々感謝をしているのだと思う。
もしそうだとしたら、その感謝、ありがとうの気持ちは2倍になっている。
そう思うとすごいことだよね。

 

だから、もう思い悩まなくてもいい。
どう生きていきたいか、自分で思い描いて生きていけばいいかを思い悩み、決断していけばいい。どんな未来を作りたいかを考えて、行動を起こせばいい。

どんな決断であろうと、どんな行動だろうと、君には生きる価値がある。

 

俺が強かろうと弱かろうと、健康だろうと不健康だろうと、何か持っていようといまいと、お金があろうとなかろうと、精神的に成長していようといまいと、就職していようといまいと、仕事していようがサボっていようが

俺には生きる価値がある。それはもう疑えない。

 

いろいろな角度から悩んできた君も、何度も何度も考え込んできた俺も
そうやって悩んでいる間にも誰かの役に立っているのだ。

 

見えないし、見えづらいけど、嘘じゃない。

 

だから、もう悩まなくていい。

生きている価値について悩むのやめた

「生きているだけで価値がある」という言葉は、
よく聞くし、自分でも「そうだ!、そうだ!」と賛同していました。

 

誰しもが
仕事してなくても、
学校行かなくても、
金を稼がなくても、
何かを達成できなくても、
何か特殊な技能を持っていなくても、
存在しているだけで意味がある!
生まれてきただけで価値があるんだ〜!!
価値は金なんかじゃ測れない〜〜!!
経済なんて馬鹿野郎!
と思っておりました。

 

そんなふうに思っていた私ですが、
度々このことについて考え込んで、塞ぎ込んでおりました。
「自分が生きている意味は何だろう....」とか
「俺って生きている価値あるんかなぁ...」とか
考え込んでいました。

 

「皆に生きている意味や価値がある」というのは頭でわかって納得しているものの、
それが自分に対して「生きている価値」を問おうとすると、実は鬱々としてしまう。

 

それをどうにか証明しようと、ずっともがいてきた気がします。


こんなふうに悩んだ時は、
身体動かしたり、瞑想したりして、そうしている間に気持ちが落ち着いてきて、
ピースフルになり、ある意味でのマインドフルになって
物事一つ一つに感謝の気持ちや
「ありがとう」という気持ちが湧いてきたりします。

 

そして、頑張って生きてきた自分にも「ありがとう」なんて気持ちを抱けるようになり、生きていることの価値の確信、というより確認ができて落ち着けたりします。

でも、しばらくすると、また、「俺には生きている価値があるんだろうか」...と同じパターンがやってきます。

 

先日から投資に関する本をいくつか読み始めたのですが、
そこに今まで一番納得する答え、考え方がありました。

 

「人は、ただ生きているだけで価値がある」
「人は、ただ生きているだけで誰かの役に立っている」


そう、ひふみ投信藤野英人さんは書籍の中で言います。

 

それは、『生産活動に参加していなくても、消費活動に行っているだけで、「誰かの役に立っている」』だからだそうです。

 

書籍では赤ちゃんの例が出されているのですが、
自分を例に考えてみると
寝ている間にスマホを充電している間にも誰かの役に立っていて、
家を出かけて電気消し忘れてても誰かの役に立っていて、
トイレで用を足して水を流しただけでも誰かの役に立っている
つまり、そこに経済活動が発生している。

 

正直、驚きました。

 

俺の度重なる悩み...長年の辛さ..
金で解決された。経済に、経済という仕組みに解決された。

 

今までは、
今日も電気が使えてありがとう、
今日も水が使えて、飲める水があってありがとう、
感謝しておりました。
逆に、それを思えてないと気がついた時、
自分はなんて罰当たりなんだろうとか思っていたりした。

 

でも、そんなこと考える必要なかったし、自分を責める必要なかった。

 

なぜなら、そうやって自分を責めちゃった日も、水を使ったことで、水道水に関わる人に貢献しているわけだし、家の中にいても、外に出かけても、

消費活動していれば、
何らか誰か、しかも大勢の人たちの役に立ってしまっているのですから。

 

逆に、それを避けるのすら難しいというか、ほぼ無理!

 

そういったものを供給する側から見れば、使ってくれてありがとうございます。
「毎度あり〜〜」ってことだったのです。

「生きててくれてありがとう」でした。
何なら「長生きして、もっと使ってくれよ」です。

 

精神論やスピリチュアルな話でもなく、生物とか進化とかの話でもなく、経済的に、実質的に、役に立っておりましたわ、私。
散財癖のある私、経済を回しておりましたわ。
資本主義経済社会、日本にいて、そこで生活しているだけで、十分に社会的に価値がある存在でしたわ、私。

 

こうなると、生きている価値があるかどうかなんて証明する必要なんてもうない。
疑いようがない。もう思い悩む必要もない。

 

だから、生きている価値を考えるのもうやめだ。
もうそんなことに悩まない。
だって、価値がないことを証明することができないもん。

 

よっしゃ、生きるぞ!!

 

解体作業が起きている

ここ数年は学びほぐし(Unlearn)が本格的に起こっている。

新しいことを付け加えていくように学ぶというよりもこれまで前提としてきたことを解体して理解するという作業だ。

身体のことでいえば、

「筋力・フィットネストレーニングの世界」から「思想・体技の世界」へ

スポーツ科学」から「宇宙生命物理学」へ

体技の道を歩んでいく際には、これまでの身体の動かし方を極力最大限に忘れるために一切の筋トレをやめた。それまでやっていたスポーツもやめた。華厳経(Avayamsaka Sutra)、仏教、キリスト教などの宗教観、修験道や禅思想、絵画やクラシック音楽などから発想を得た体技。また、宇宙という概念も体技の中に組み込まれている。

スポーツ科学にはめっきり興味がなくなって、しばらくは学習理論、人材育成・組織開発を勉強してきたけど、それもほとんどやめて、最近は宇宙生命物理学を学び始めている。機能解剖学や生理学ではなく、原子の構造を知ることで身体のことを学んでいる。ここには古神道やチャクラも入ってくる。ここでも宇宙という概念が入ってくる。

こうやって学んでいくと、ザ・ブルーハーツの「情熱の薔薇」が頭に流れる。

見てきた物や聞いた事

今まで覚えた全部

でたらめだったら面白い

そんな気持ちわかるでしょ

全くこの歌詞の状態だよ。でたらめだった。巧妙に嘘じゃないでたらめだったよ。

今はこれまで勉強してきたことを忘れることに徹し、学んだままに覚え、しみ込ませていこう。

 

変な夢を見た

今日、変な夢を見た。
本のページ文字ではなく、一枚の絵のように記憶されていて、それがペラペラとめくられていく。書かれている文字を理解しているとかではなく、そのページを画像として記憶しているような感じ。絵として、存在として情報を受け取っているような感じだった。

答えはずっと奥の方

やっとわかった気がする。
内なる自分(inner self)って言葉、まじわかりづらかった。
本当の自分とか、あるがままの自分とかも、実はよくわからない。
外と内の関係性で、内側に聞いても。内のさらに内に聞いてもさ。
全然わかりませんよ。
内なる自分とは、別存在なんだもん。
内なんかよりも、もっと奥、ってゆうか、背後にいるじゃんね。
そりゃ自分じゃわかんないよ。
自分で問いかけてもわかんないよね。内なる自分、内側の自分に問いかけてもさ。
もし、もしその存在に気付ける方法があるとしたら、
誰かか透き通った目でその存在を見つけてくれて、見つめ続けてくれることなんじゃないかと思う。
そして、色々な角度からさ。

俺は起業家にはなれない

「世界をこうしたい」

「このサービスを使って世の中がこうなればいい」

そういうことを言っている人たちに憧れがあった。正直かっこいい。

彼らは原体験を掘り下げてそこから出てくるアイデアをサービス化したり、好きって感覚をプロダクト化したり、そうやって何かを世の中に届けようとしている。

自分の中にも、その何かがあるのではないかと、

自分にしかない体験や経験

自分の中にある情熱やアイデア

好きな気持ち

そう言ったものが。

でも、それがなかなか見つからなかった。

探しても探しても、時間ばかりが過ぎ、それが出てこない自分を責めてばかりになってしまう。

ずっと考えてきたけど、出てこなかった。

だから、もう考えるのはやめた。

俺は起業家にはなれない。ならない。

声のSNSと水星の逆行

2021年2月19日

一年に約三回程、天体的に水星の逆行が起きると言われている。

今年の始めの水星の逆行は1月31日から2月21日まで。

水星は、コミュニケーションや知性などを司るようで、逆行の時期は、通信系のトラブル、コミュニケーションのずれなどが起きやすいらしい。

 

その影響もあってか、海外起業家の音声SNS「Clubhouse」が日本で流行した。おそらく一時的なものかと思われるが、さまざまなSNS上でこのアプリの拡散具合を知った。

 

僕はというと、昨年の2月頃から日本人起業家の井口尊仁氏が開発した「Dabel」を以前から使用していた時期があり、それを再度ダウンロードして体験を懐かしんだ。

 

この二つのアプリの体験を比較すると、「Bond(絆)」ということが浮かぶ。

 

Dabelは、人と人とのつながりが本当に丁寧で編み合わせるように時間を紡いでいく。一方で、今のClubhouseは銃弾戦のように言葉が発せられる。

 

Dabelは、話す側と聴く側の参加の自由度が高いながら、そこに相手の存在を雰囲気として感じさせる。一方で、今のClubhouseは、聴く話すが分断され、そこに上下が発生してしまっている。

 

Dabelは、誰しも声を発せられ、小さな声や聞こえづらい声までも発せられ、ユーザーである隣人たちがその声を拾い受け止め、どこかにつなぐ。ゆるさがある、引出しのあそびのような適度なゆるさ。一方、今のClubhouseは、同種の仲間を探すことが容易にでき、その声を大きくすることができる。でも、強者弱者が生まれたり、数の大きさが膨れ上がったりすることで、もうすでに息苦しさを感じさせる。

 

この二つの音声アプリの様相を見ていると、元MITラボ所長の伊藤穰一氏が語った「

インターネットやSNSの発展は、中央化と脱中央化が繰り返されている」というのを思い出す。

 

そして、同じ声のSNSアプリだけれど、Clubhouseは中央化の道へ、Dabelは脱中央化への道を進んでいるように感じる。中央化されることで分断が起き、脱中央化されたことでつながりが深まる。そんな展開になるのではないだろうか。

 

水星の逆行が影響を与えるというのならば、Clubhouseの拡散はそろそろ落ち着きをみみせるだろう。情報発信者たちが疲弊し始めるだろうし、受信者たちも有名人や著名人の話とはいえフリートークに耐えられなくなる。

 

20時以降の居場所が少なっている今、オンライン社会に接する人々は、今求めるコミュニケーションが何なのかを再考するのではないだろうか。